中小企業YouTube運用、アクセス権とは⁉️

ポイント

🔎【アクセス権の設定の仕方】

🔎【アクセス権の内容】

🔎『ビジネスYouTubeで成功する4つの要素』

さて、その訳は❓️🤔

(なべっち)
中小企業のYouTube運用『アクセス権』とは⁉️🙄

(酒井)
僕の会社で例えると、僕のチャンネルでやってるんだけど、
それを僕だけが触れるのではなく、なべっちにもアクセスする権利を許可して、
なべっちも、僕のチャンネルを触れるようにすることが出来ます🤗
そのためには、アクセス権の設定で、アクセス権にも色々と種類があるので、
どこまでの権利を渡すのか選んで、なべっちを招待する必要があります😌

【アクセス権の設定の仕方】

まずは、YouTube Studioで『設定』押して『権限』という所を開きます、
すると最初は、所有者という所に自分だけが入っている状態ですので、
右上に『招待』という所があるので押して頂くと、招待したい人のメールアドレスを登録します😌

その下に、管理者・編集者・編集者(制限付き)・字幕編集者など、色々と権限の種類が出ていますので、
選択をして頂くと、登録したメールアドレスの人に『招待されました』というメールが届いて、
その人が承認をしたら完了です😉👍

因に僕は、仕事柄色々な所の管理者になっています😅

昔は、権限の種類とか無くて、IDとパスワードを渡していましたが、それだと何でも見れて、触れてしまうので、
見る必要のあることだけの権限を貰っているので、管理者になっています☺️

【アクセス権の内容】

アクセス権の内容は、YouTubeヘルプを見て頂くと書いてありますが、

まずは『所有者』
所有者は全ての権限があります🤗

『管理者』
ほとんどの権限がありますが、チャンネルの削除はできません。
Google広告アカウントをリンクできません。
この2つしかYouTubeヘルプには書いてないのですが、再生リストの設定とか、少しだけ所有者しかできないことがあります。
などなど、できること・できないことが書いてありますので、YouTubeヘルプを見ながら選びましょう😌

なべっちだったら、間違えて何か設定とか変えちゃうといえかないから、
閲覧者だけにしておこう🤭とかね(笑)

所有者だけだと、責任も1人だけになってしまったり、その人が居ないと何もできなかったりしちゃうから、
何でもかんでも自分1人でやらなくて大丈夫ということと、
間違ってもIDとパスワードを渡して、皆で使うということは辞めて下さい😌
間違えて動画を削除してしまったり、『誰か〇〇した⁉️』とか、
誰が何をしたか分からなくなってしまったり、管理がぐちゃぐちゃになってしまいますからね💦

ということで、僕はいつも『ビジネスYouTubeで成功する4つの要素』というお話しをしていますが、

①動画(撮影・編集)
②ウェブ(アルゴリズム)
③マーケティング(ファン作り)
④プレゼンテーション(伝え方)

『この4つのバランスが大切ですよ~‼️』って、いつも言っていますが、

今回は、設定の話しなので、ちょっとこの4つとは違うかな❓️🤔
まあ、チームでやるには、この4つを皆で考えて、役割りごとに権限があった方がいいかな😌と思います🤗

酒井大輔の、プロフィールはこちら!
https://ytbs.jp/profile/

講演・セミナー依頼は、こちらをご確認ください!
https://ytbs.jp/seminer/

本の詳細はこちら!
https://ytbs.jp/book/

知識ゼロから動画をつくって販促・集客・売上アップさせる最強のビジネス法則 単行本 – 2021/6/16
https://www.amazon.co.jp/dp/4866365048/

チャンネル登録、お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCl6S1dfbDW7ExstgqUXF3UQ

お問い合わせは、LINEでも可能です。
https://lin.ee/7W1to3N

—————————————————
100チャンネル以上の、企業YouTubeコンサルティングで「採用」「集客」など、動画を活用し企業の課題を解決した実績!
・運送会社で、毎年20人採用
・建材商社で、売上40倍
・宿泊施設で、年間15件以上マスコミ取材
など、公的機関や大企業から小規模事業者まで、幅広く対応します。
商工会議所や青年会議所等、セミナーや講演、研修講師も東京、名古屋、大阪など日本全国、対応可能。 2008年から企業YouTube運用を開始し、15年YouTubeのビジネス活用を行っている。

YouTubeコンサルティングなど、動画運用に関するお問い合わせはこちら。
【公式】ユーチューブビジネスサポート
https://ytbs.jp/