ホームページの動画化って具体的にどこを動画にしたらいい⁉️

Webサイト全部を1本にまとめるのか、
項目別やページ別に1本にするのか、
具体的に、どうゆう風にしたら良いのか解らない方も居ますよね。

詳しく言いますと、考え方が少し違うというか、切り取り方が違うんですよね😅

本にも書いてはいるんですが、その質問の答えになるのは、
実は違う所に書いてあって、
マーケティングの所なのですが、

【お客様にどういう情報発信をしないといけないのか】

そこに、紐付いて来る訳です。
【マーケットイン】【プロダクトアウト】を、
しっかり理解して情報発信して下さいね。
という事を書いているんですが、

『Webの世界はマーケットインでなければいけない‼️』
と僕は言っているんですけど、
Webだけじゃなくて、今のビジネスは全部マーケットインの方が良いのかな😅

【マーケットイン】【プロダクトアウト】って本当に大切な事で、
簡単に説明すると、【マーケットイン】は、
お客様が何を望んでいるのか、を考えてビジネスをする👌
【プロダクトアウト】は、
企業側の押し付けというか『コレ欲しいでしょ❗️』って売り出す様な感じ。😓

【マーケットイン】の発想を常に意識して、
身に付けて頂いくと良いですね👌
例えば会議とかでも『マーケットイン思考で行きましょう‼️』と決めておくと、
『それはプロダクトアウトだから捨てちゃって大丈夫だね』
とかも出来る訳ですよね。😉👍

この本は結構自信持って書いたんですけど、
本書くのなんて究極の【プロダクトアウト】ですよね😅(笑)
考え方の押し売りですからね(笑)

でも『書いて下さい』ってオファーがあって、ニーズがあるなら、
【マーケットイン】なのかな❓️🤔(笑)

元のホームページの動画化の話しに戻ります😅

まずは、【マーケットイン】目線でホームページを作ってあるか、
1コンテンツ1ページのホームページもあれば、
10コンテンツを1ページの所もあったり、
LPで下にロールしてあったりもあるので、
一概には言えないですが、基本は❰1コンテンツ1動画❱です‼️

例えば、僕の動画の作り方だと、
よくある質問に1つづつ答える、という動画です。
何故そういった作り方なのか、
それは【マーケットイン】だから‼️
人は気になった事を検索するでしょ❓️
でも余計な情報は要らないでしょ❓️

僕の動画を見ている方って、たぶんYouTubeを運営していて、
困った事とか知りたい事とか検索して、
たまたま、たどり着いた方も居るかもしれないですが、
その方は、自分の困り事や知りたい事を知れて解決できれば、
それで良い動画だってなるんです‼️
だけど、そこに本の宣伝だとか入ってたら、鬱陶しい訳です‼️
なので、そういった余計な情報は入れない方が良いのです‼️

『うちの会社はあれもこれもやってます‼️』って言いたい気持ちは解るけど、
コレはコレ‼️それはそれ‼️って

しっかり分けてコンテンツ化して行く👍
という発想を身に付けて頂くと、
ホームページを動画化する分け方が自然と見えてくるんじゃないかな❓️👍

もう少し、例え(ヒント)を言うと、
例えば、ホテルだと客室の紹介があって、
『シングル』『ダブル』『ツイン』『和室』とかに分かれてますよね❓️
よく、それを全部まとめて1本の動画にしちゃってるんですよね、🤔
皆さん出張で泊まる所を探してて、ツインとかファミリー向けの部屋とか、
要らない情報じゃないですか❓️

お1人様向けなら、シングルの紹介動画で良いですし☝️
奥様と一緒だったら、ダブルとかツインとか、少しグレードアップしてプレミアムツインとかね😉
1つづつ分けてくれていたら、見やすいし自分の知りたい情報だけを知れますよね‼️

なるべくお客様に時間を使わせないっていうのも今の時代のポイントでもありますね👍️

動画本数もかなり出来ますよ‼️(笑)

そんな感じで、そこら辺を踏まえて考えて頂くと良いんじゃないかな❓️🧐

本の詳細はこちら!
https://ytbs.jp/book/

知識ゼロから動画をつくって販促・集客・売上アップさせる最強のビジネス法則 単行本 – 2021/6/16
https://www.amazon.co.jp/dp/4866365048/

チャンネル登録、お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCl6S1dfbDW7ExstgqUXF3UQ

酒井大輔の、プロフィールはこちら!
https://ytbs.jp/profile/

ユーチューブ関連のお仕事は、こちらのHPをご確認ください!
ユーチューブビジネスサポート
https://ytbs.jp/

講演・セミナー依頼は、こちらをご確認ください!
https://ytbs.jp/seminer/

お問い合わせは、LINEでも可能です。
https://lin.ee/7W1to3N